· 

カブのBP祭

1907年イギリスのブラウンシー島に20人の少年たちを集めてキャンプを行ったのがボーイスカウトの始まりです。1908年(明治41年)には日本にも伝わり、1922年(大正11年)に国際事務局に正式加盟しました。
 
なんと、明治時代から受け継がれているのですね…!そんなボーイスカウトの創始者はイギリス人のロバート・ベーデン- パウエル卿。B-Pの愛称で呼ばれ、2月22日の誕生日をお祝いする行事BP祭が世界中で行われています。

藤沢12団もBP祭を行いました!
リーダーからB-Pのお話を聞き、ウッド工作と野外料理、そしてスカウトゲームをして楽しみました。
 
ウッド工作は火を使ったククサ作り。
準備してもらっていた木に、炭を載せ、焦げさせ、スプーンで掘ってゆき、コップを作成します。息をかけると、焦げがすすみますが、煙がでるので、スカウトたちは目が痛くなったり、煙を吸ってしまったり、と苦戦しながらも頑張っていました!
 そして、野外料理は「スウェーデン風ミートボール」(ジャム付)と「ヤンソンさんの誘惑」(ポテトグランタン風にアンチョビ&オイルサーディン仕上げにデイル)、「野菜のバター炒め」
ボーイスカウトはいつもカレーライスばかりじゃないですよ〜こんなシャレた料理も一斗缶オーブンで作っちゃいますよ〜。